大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 松嶋 智子

教員紹介

松嶋 智子Matsushima, Tomoko K.

教授

【教授】基盤ものづくり系/情報ネットワークユニット

学位
博士(工学),早稲田大学,1999(論文提出により博士号取得)
工学修士,早稲田大学,1987
学歴
早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程修了,1987
早稲田大学理工学部卒業,1985
メールアドレス
tomoko●uitec.ac.jp
専門分野
情報理論,符号理論,通信方式,情報セキュリティ
ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する通信分野の研究のうち,特に符号理論,暗号理論とその応用技術を担当

私の教育方針

論理的な思考力と豊かな発想力をもって,自ら考えることができる人材を育てること

主な研究実績等
1)主要論文
1.学術論文等
[1] Tomoko K. Matsushima and Shoichiro Yamasaki, ''Complex Orthogonal Variable Spreading Factor Codes Based on Polyphase Sequences," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol.E103-A, No.10, pp.1218--1226, 2020年10月.
[2] 上方文理,松嶋智子,山嵜彰一郎,宮崎真一郎,大村光徳, ''多重ユーザ干渉と背景光を同時に除去する同期光CDMAシステムに関する研究," 電子情報通信学会論文誌A, Vol.J103-A, No.7, pp.126--141, 2020年7月.
[3] 山嵜彰一郎, 松嶋智子, ''[解説論文]秘密分散と物理層の信号処理を用いた無線通信の情報保護方式," IEICE Fundamentals Review, Vol.12, No.2, pp.107--114, 2018年10月.
[4] 河本椋, 中村信也, 松嶋智子, 宮崎真一郎, 大村光徳, 山嵜彰一郎, ''拡張プライム系列符号とEWO干渉除去方式を用いた可視光CDM伝送実験システム," 技能科学研究, 第34巻, 1号, pp.94--103, 2018年3月.
[5] Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima, Shinichiro Miyazaki, Kotoku Omura and Hirokazu Tanaka, ''Wireless Packet Communications Protected by Secret Sharing and Vector Coding," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol.E100-A, No.12, pp.2680-2690, Dec. 2017.
[6] Tomoko K. Matsushima, Masaki Kakuyama, Yuya Murata, Yasuaki Teramachi, Shoichiro Yamasaki, ''A Study on Multi-User Interference Cancellers for Synchronous Optical CDMA Systems ---Decision Distance and Bit Error Rate---," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol.E100-A, No.10, pp.2135--2145, Oct. 2017.
[7] 宮崎真一郎, 山嵜彰一郎, 松嶋智子, 大村光徳, ''Overlap-FDEを用いたシングルキャリア伝送の性能評価," 職業能力開発研究誌, 第33巻, No.1, pp.79--84, 2017年3月.
[8] Kotoku Omura, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima, Hirokazu Tanaka and Miki Haseyama, ''Performance improvement of error-resilient 3D DWT video transmission using invertible codes," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol.E99-A, No.12, pp.2256--2265, Dec. 2016.
[9] Shoichiro Yamasaki and Tomoko K. Matsushima, ''A Security Enhancement Technique for Wireless Communications Using Secret Sharing and Physical Layer Secrecy Transmission," IEICE Trans. on Information and Systems, Vol.E99-D, No.4, pp.830--838, Apr. 2016.
[10] Agus Susilo, Tomoko K. Matsushima, and Yasuaki Tetamachi, ''Two-Dimensional Optical CDMA Systems Based on MWOOC with Generalized Prime Sequences," IEICE Trans.Fundamentals, Vol.E95-A, No.12, pp.2160--2167, Dec. 2012.
[11] 松嶋智子, 長尾剛, 落合昇, 寺町康昌, ''拡張プライム系列符号の一般化とその特性について," 電子情報通信学会論文誌A, Vol.J91-A, No.5, pp.559--573, 2008年5月.
[12] 落合昇, 櫛引理, 松嶋智子, 寺町康昌, ''EWO信号方式を用いた同期光CDMAシステムの特性解析," 電子情報通信学会論文誌A, Vol.J86-A, No.9, pp.957--968, 2003年9月.
2.本校論文
[1] 相良佳孝, 櫻木伸英, 松嶋智子, 足原修, ''パステーブルを用いる楕円スカラー倍算の計算量の評価," 職業能力開発総合大学校紀要, 第41号A, pp.57--64, 2012年3月.
[2] 松嶋智子, 相良佳孝, 櫻木伸英, 足原修, ''楕円曲線暗号におけるスカラー倍算の効率化に関する検討," 職業能力開発総合大学校紀要, 第40号A, p.77--86, 2011年3月.
[3] アグス スシロ, 松嶋智子, 寺町康昌, ''PDとAPDを光検出器として用いたEWO光CDMAシステムの評価," 職業能力開発総合大学校紀要, 第37号A, p.109--116, 2008年3月.
[4] 石川孝典, メラ ディヤー アスリ スルヤニングティヤス, 松嶋智子, 寺町康昌, ''一般化MPSCを用いた可視光CDMA通信システムのFPGAによる試作, 職業能力開発総合大学校紀要, 第36号A, pp.97--104, 2007年3月.

3.学会発表・講演等

国際会議
[1] Hirokazu Tanaka, Yasutaka Hatakeyama, Tomoko K. Matsushima and Shoichiro Yamasaki, ''Performance Improvement of Simplified Structure Based Adaptive Trellis Coded Multi-carrier DS-CDMA with bi-orthogonal keying," The IEEE International Symposium on Broadband Multimedia Systems and Broadcasting (BMSB), PID 108, June 2017.
[2] Shinichiro Miyazaki, Tomoko K. Matsushima, Shoichiro Yamasaki and Kohtoku Omura, ''A Visible-Light Communication System Using Optical CDMA with RGB Multi-Chip LEDs," Proc. 15th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT), pp.101--104, Oct. 2015.
[3] Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima and Shinichiro Miyazaki, ''Secure Wireless Communications Using Secret Sharing and Vector Coding," 2014 IEEE Asia Pacific Cinference on Circuits and Systems (APCCAS), C2L-A-05, pp.731--734, Nov 2014.
[4] Kotoku Omura, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima et al., ''Performance of Error Resilient Method Using Invertible Codes for 3D DWT Video Transmission," The 29th International Technical Conference on Circuit/Systems Computers and Communications (ITC-CSCC), PID 1122, pp.213--216, July 2014.
[5] Hirokazu Tanaka, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima et al., ''A Study on Simplified Structure for Multi-carrier DS-CDMA with bi-orthogonal keying," The 29th International Technical Conference on Circuit/Systems Computers and Communications (ITC-CSCC), PID 1063, pp.100--102, July 2014.
[6] Shoichiro Yamasaki and Tomoko K. Matsushima, ''A Compression Scheme of Secret Sharing," 2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), WA2-D-3, pp.351--356, Nov. 2013.
[7] Kotoku Omura, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima et al., ''Error Resilient 3D DWT Video Transmission Using Invertible Codes," 2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), WA1-B-5, pp.18-0-185, Nov. 2013.
[8] Tomoko K. Matsushima, Shiho Sasaki, Masaki Kakuyama, Shoichiro Yamasaki et al., ''A Visible-Light Communication System using Optical CDMA with Inverted MPSC," The 6th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications (IWSDA), 4-4, pp.52--55, Oct. 2013.
[9] Masaki Kakuyama, Shiho Sasaki, Tomoko K. Matsushima, Shoichiro Yamasaki et al., ''Performance Comparisons of Interference Cancellers for Synchronous Optical CDMA Systems," 2013 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA), RS1-8, pp.61--66, Oct. 2013.
[10] Shiho Sasaki, Masaki Kakuyama, Tomoko K. Matsushima, Shoichiro Yamasaki et al., ''An Optical CDMA Scheme Using Inverted MPSC for Visible-Light Communication," 2013 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA), RS1-7, pp.55--60, Oct. 2013.
[11] Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima and Hirokazu Tanaka, ''A State Transition Control Method of Space-Time Trellis Coded Transmission," 2013 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA), RS1-5, pp.45--49, Oct. 2013.
[12] Tomonori Arii, Yasuyuki Nogami, Tomoko Matsushima and Satoshi Uehara, ''Pollard's Rho Method with Skew Frobenius Mapping for Ate Pairing over BW Curve,'' The 27th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2012), July 2012.
[13] Sumo Taichi,  Mori Yuki,  Nogami Yasuyuki,  Matsushima Tomoko and Uehara Satoshi, ''A Relation between Group Order of Elliptic Curve and Extension Degree of Definition Field,'' The World Telecommunications Congress 2012 (WTC2012), TS-B2-3, March 2012.
[14] Yasuyuki Nogami, Erika Yanagi, Taichi Sumo, Tomoko Matsushima and Satoshi Uehara, ''A Multiplicative Extension for Discrete Logarithms on Ordinary Pairing-friendly Curves of Embedding Degree 1,'' International Workshop on Advances in Information Security (WAIS2011), July 2011.
[15] Yasuyuki Nogami, Yusuke Takai, Tomoko Matsushima and Satoshi Uehara, ''Rho Method with Period k on Non-symmetric Ordinary Pairings of Embedding Degree k --Especially for Barreto-Naehrig Curves--,'' International Workshop on Advances in Information Security (WAIS2011), July 2011.
[16] Agus Susilo, Tomoko K. Matsushima and Yasuaki Teramachi, ''Two-Dimensional Optical CDMA Systems Based on MWOOC with Generalized MPS Codes," International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT), WA2-5-3, pp.378--383, Oct. 2010.
[17] Tomoko K. Matsushima and Yasuaki Teramachi, ''Generalized MPSC and Its Performance in Synchronous Optical CDMA Systems," International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA), Tue3-4-5, Oct. 2006.

国内学会発表,学会誌
[1] 笠結衣紀,小野恭平,山嵜彰一郎,松嶋智子, "可視光CDMA通信における調光制御方式に関する研究," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2020, 2020年12月.
[2] 上方文理,小野恭平,宮崎真一郎,山嵜彰一郎,松嶋智子,大村光徳, "レベル分割多重を用いた光CDMA伝送方式の特性評価," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2020, 2020年12月.
[3] 小野恭平, 山嵜彰一郎, 松嶋智子, "同期光CDMAシステムのための拡散符号に関する研究 ~一般化拡張プライム系列符号を短縮化した符号の提案~," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2020, 2020年12月.
[4] Tomoko K. Matsushima, Shoichiro Yamasaki and Kyohei Ono, ''A Study on Chip-Pair Codes for Synchronous Optical CDMA Systems," IEICE Technical Report, IT2020-19, pp.7--12, 2020年9月.
[5] 小野恭平, 山嵜彰一郎, 松嶋智子, "拡張プライム系列符号とその反転符号を同時に用いる同期光CDMA方式," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2020-18, pp.1-6, 2020年9月.
[6] 松嶋智子, 山嵜彰一郎, 小野恭平, "一般化拡張プライム系列符号の構成法に関する検討 —チップペア符号の提案とその応用—," 電子情報通信学会技術研究報告,WBS2020-2, pp.1-6, 2020年7月.
[7] 山嵜彰一郎, 松嶋智子, 小野恭平, "光CDMAにおける可変拡散率の符号構成法に関する研究," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2020-9, pp.49-54, 2020年5月.
[8] 小野恭平, 山嵜彰一郎, 松嶋智子, "陪直交符号とEWO信号方式を用いた光CDMAシステムに関する考察," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2020-8, pp.43-48, 2020年5月.
[9] Tomoko K. Matsushima and Shoichiro Yamasaki, ''A Note on Orthogonal Variable Spreading Factor Codes Based on Polyphase Sequences," IEICE Technical Report, WBS2019-66, pp.183-188, 2020年3月.
[10] 小野恭平, 山嵜彰一郎, 松嶋智子, "拡張プライム系列符号と陪直交符号を用いた光CDMAの多重化方式," 電子情報通信学会技術研究報告,WBS2019-65, pp.177-182, 2020年3月.  
[11] 山嵜彰一郎,松嶋智子, "可変長直交拡散系列の有限体上における構成法に関する研究," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2019-66, pp.173-178, 2020年1月.
[12] 山嵜彰一郎,松嶋智子,小野恭平,遠藤克帆,大村篤生,宮崎真一郎,大村光德, "レベル分割多重を用いた光CDMA多重伝送方式," 第42回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2019), 3.4.4, pp.250--254, 2019年11月.
[13] Tomoko K. Matsushima and Shoichiro Yamasaki, ''Construction Method of Orthogonal Variable Spreading Factor Codes over the Complex Number Field,'' The 42nd Symposium on Information Theory and its Applications (SITA2019), 1.4.3, pp.72--77, 2019年11月.
[14] 山嵜彰一郎,松嶋智子,宮崎真一郎,大村光徳, "ElGamal暗号系と組み合わせた組織Reed-Solomon符号を用いる秘密分散方式," 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-2-2, p.15, 2019年9月.
[15] 松嶋智子,山嵜彰一郎,宮崎真一郎,大村光徳, "レベル分割多重を用いた光CDMA多重伝送に関する研究," 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-2-3, p.16, 2019年9月.
[16] 松嶋智子,山嵜彰一郎,上方文理,大村篤生,遠藤克帆,宮崎真一郎,大村光徳, "背景光と多重ユーザ干渉を同時に除去する同期光CDMA方式に関する研究," 電子情報通信学会技術研究報告,WBS2019-20, pp.55-60, 2019年7月.
[17] 河本椋, 土居勇人, 上村健夢, 宮崎真一郎, 大村光徳, 松嶋智子, 山嵜彰一郎, "拡張プライム系列符号を用いた可視光通信のための調光制御方式に関する一検討," 電子情報通信学会技術研究報告,WBS2018, 2019年3月.
[18] 小野恭平, 山嵜彰一郎, 松嶋智子, 宮崎真一郎, 大村光徳, "秘密分散と周波数ホッピングにより情報保護を強化した無線通信方式," 電子情報通信学会技術研究報告,WBS2018, 2019年3月.
[19] 河本椋,松嶋智子,宮崎真一郎,大村光德,山嵜彰一郎, "可視光CDM通信システムのための調光制御方式に関する研究," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2018-41, pp.37--42, 2019年1月.
[20] 山嵜彰一郎, 松嶋智子, "[招待講演]秘密分散と物理層の信号処理により情報保護を強化した無線通信方式," 電子情報通信学会技術研究報告, IT2018-50, pp.85--90, 2019年1月.
[21] 河本椋, 土居勇人, 上村健夢, 松嶋智子, 宮崎真一郎, 大村光德, 山嵜彰一郎, "屋内照明機器のための調光制御可能な可視光CDM伝送実験システムの構築と評価," 電子情報通信学会技術研究報告,MICT2018-66, pp.31--36, 2019年1月.
[22] 河本椋, 松嶋智子, 宮崎真一郎, 大村光德, 山嵜彰一郎, "拡張プライム系列符号を用いる可視光CDM通信のための調光制御方式の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, WBS2018-23, pp.31--36, 2018年10月.
[23] 松嶋智子, トドルカ アレクサンドロバ, ''[招待論文]研究教育機関と企業におけるダイバーシチの現状," 電子情報通信学会誌,Vol.101, No.5, pp.448--451, 2018年5月.
[24] 芝優志,宮崎真一郎,大村光德,松嶋智子,山嵜彰一郎, ''秘密分散を用いた分散ストレージシステムの信頼性を高める符号化方式の研究," 第40回情報理論とその応用シンポジウム, 4.1.1, pp.174--178, 2017年11月.
[25] 佐藤紘樹,芝優志,宮崎真一郎,大村光德,松嶋智子,山嵜彰一郎, ''CDMA無線通信における拡張プライム系列を用いた拡散符号の検討," 第40回情報理論とその応用シンポジウム, 3.3.1, pp.148--153, 2017年11月.
[26] Tomoko K. Matsushima, Agus Susilo, Ryo Kawamoto, Shinichiro Miyazaki, Kotoku Omura and Shoichiro Yamasaki, ''A Study on Signature Codes and Bit Error Rate Performance of Synchronous Optical CDMA with MUI Cancellation," IEICE Technical Report, WBS2017-31, pp.45--50, Oct. 2017.
[27] 河本椋,中村信也,松嶋智子,宮崎真一郎,大村光德,山嵜彰一郎, ''[ポスター講演]拡張プライム系列符号と干渉キャンセラを用いた可視光CDM伝送実験システムの開発," 電子情報通信学会技術研究報告,WBS2017-23, pp.1--6, 2017年10月.
[28]佐藤紘樹,芝優志,宮崎真一郎,大村光德,松嶋智子,山嵜彰一郎, ''CDMA無線通信における拡散符号の提案と多重ユーザ干渉除去方式の検討," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2017-19, pp.15--20, 2017年7月.
[29] 芝優志,宮崎真一郎,大村光德,松嶋智子,山嵜彰一郎, ''分散ストレージシステムにおける秘密分散を用いた情報保護方式の研究," 電子情報通信学会技術研究報告,IT2017-18, pp.11--14, 2017年7月.
[30] 松嶋智子,宮崎真一郎,大村光徳,山嵜彰一郎, ''[招待講演]光拡散符号を用いた可視光CDMA通信について," 2016年電子情報通信学会総合大会 基礎・境界講演論文集, SA-3-3, pp.S-39--40, 2016年3月.

 

2)著書

3)受賞

平成2年度(第53回)電子情報通信学会 篠原記念学術奨励賞
平成20年度(第65回)電子情報通信学会 論文賞

4)特許(知的財産権)

符号化多値変調装置(特願平04-167060,特開平06-014075,特許第3313400号)
誤り訂正復号装置(特願平05-058562,特開平06-276106,特許第3241851号)
ビタビ復号器(特願平04-348956,特開平06-204895,特許第3229047号)
符号化多値変調装置(特願平03-345145,特開平05-183439,特許第3053283号)
フレーム同期方式(特願平02-253105,特開平04-132346,特許第3029283号)
フレーム同期方式並びにこの方式を適用した受信装置(特願平02-251546,特開平04-129448,特許第3029282号)
誤り制御方式(特願昭63-053620,特開平01-228340,特許第2685783号)
チエンサーチ回路(特願平01-259812,特開平03-121627,特許第2575506号)
有限体上の逆元計算装置(特願昭63-308733,特開平02-155314,特公平08-013005,特許第2103589号)
QAM通信システム(特願平01-090623,特開平02-270442,特公平07-114419,特許第2078949号)
ディジタル通信システム(特願平01-131621,特開平02-311034,特公平07-071071,特許第2036948号)
Method and apparatus for encoding and decoding convolutional codes (United States Patent, Patent No. 5,416,787)
Quadrature amplitude modulation communication system with transparent error correction (European patent specification, Publication No. 00 392 538 B1)
Quadrature amplitude modulation communication system with transparent error correction (United States Patent, Patent No. 5,168,509)
Error control system (United States Patent, Patent No. 5,027,356)

5)開発教材

6)資格

活動
1)学会活動

情報理論とその応用学会 会員 1987-2010
電子情報通信学会 会員 1987-現在
IEEE 会員 1994-現在
情報処理学会 会員 2005-現在
情報理論とその応用学会 会計理事 2003-2004
情報理論とその応用学会 評議員 2005-2011
電子情報通信学会 情報理論研究専門委員会 専門委員 2008-2013
電子情報通信学会 男女共同参画委員会 委員 2009-現在
文部科学省 科学技術・学術審議会臨時委員 2012-現在

2)職業能力開発

技能五輪全国大会競技委員(「情報ネットワーク施工」職種) 2013-2016

現在の研究・技術開発テーマ等

誤り訂正符号,情報セキュリティ,CDMA,可視光通信に関する研究

受託研究・共同開発テーマ

センサーからのデータをマイニングする方法に関する基礎研究(受託研究) 2014
誤り訂正符号技術のセキュリティシステムへの応用に関する研究(受託研究) 2013
秘密分散法を用いたセキュリティシステムに関する研究(受託研究) 2012
ソフトウエア開発技法の教育現場への展開するための教材開発研究(受託研究) 2011
楕円曲線暗号の安全性と計算量に関する研究(受託研究) 2011
楕円曲線暗号の安全性に関する研究(受託研究) 2010
組織リード・ソロモン符号を用いた秘密分散法とその応用に関する研究(受託研究) 2009
秘密分散法等の評価に関する研究(受託研究) 2008
ソフトウエア開発技法の教育に関する研究(受託研究) 2007
情報セキュリティのための秘密分散法に関する研究(受託研究) 2007
ソフトウエア開発技法の教育システム化に関する研究(受託研究) 2006
光スペクトル拡散技術を用いたカラーバーコード方式に関する研究(受託研究) 2006
ソフトウエア開発技法の理論化に関する研究(受託研究) 2005
光スペクトル拡散技術を用いた多値バーコード方式の評価(受託研究) 2005

科研費採択課題

符号分割多元接続技術を用いた中継伝送方式と海中光無線通信への応用, 基盤研究(C), 研究代表者 松嶋智子, 研究分担者 宮崎真一郎, 大村光徳, 2019-2021.
多元接続を導入した物理層のセキュリティと秘密分散で情報保護がなされた無線通信方式, 基盤研究(C), 研究代表者 宮崎真一郎, 研究分担者 松嶋智子, 大村光徳, 2019-2021.
物理層のセキュリティと秘密分散を用いた通信システムの情報保護強化に関する研究, 基盤研究(C), 研究代表者 山嵜彰一郎, 研究分担者 松嶋智子, 宮崎真一郎, 大村光德, 2016-2018.
MPS符号を用いた光CDMA方式の提案と照明光通信システムへの応用, 基盤研究(C), 研究代表者 松嶋智子, 研究分担者 山嵜彰一郎, 2013-2015.
誤り訂正符号の符号語の情報系列と検査系列の相関を利用した同期方式に関する研究, 基盤研究(C), 研究代表者 山嵜彰一郎, 研究分担者 松嶋智子, 宮崎真一郎, 2013-2015.

メッセージ

学生の皆さんへ
専門分野の知識を身につけるだけでなく、自ら問題点を見つけ解決法を導き出す力が大切です。周りの人と協調することで、よりよい成果が得られことがあります。サークル活動や社会活動など様々な経験をすると良いと思います。

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る