大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 小泉 隆行

教員紹介

小泉 隆行Takayuki Koizumi

【助教】基盤ものづくり系/塑性加工ユニット

学位
博士(工学)山形大学 2017年9月
学歴
山形大学大学院 理工学研究科博士後期課程 機械システム工学専攻 2017年9月
山形大学大学院 理工学研究科博士前期課程 機械システム工学専攻 2009年3月
山形大学 工学部 機械システム工学科 2007年3月
メールアドレス
t-koizumi●uitec.ac.jp
専門分野
機械材料,実験力学,塑性加工
https://researchmap.jp/Takayuki__Koizumi/
https://www.researchgate.net/profile/Takayuki_Koizumi
ユニット研究と教員研究の関連性

 本ユニットで推進する塑性加工分野の研究のうち,材料試験,X線測定,材料特性評価ソフトの開発,数値シミュレーションなどを担当

私の教育方針

主な研究実績等
1)主要論文
1.学術論文等
[7] 面内反転負荷試験法による工業用純銅板のstrength differential 効果の検証
小泉 隆行
銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies 58(1) 掲載決定.

[6] Evaluation of tension-compression asymmetry of a low-carbon steel sheet using a modified classical compression test method
T. Koizumi, M. Kuroda
Journal of Physics: Conference Series 1063 2018年8月

[5] 焼鈍条件の違いによるひずみ硬化黄銅板の引張圧縮特性の差異
小泉 隆行, 小林 銀河, 黒田 充紀
銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies 57(1) 65-70 2018年8月

[4] Grain size effects in aluminum processed by severe plastic deformation
Koizumi Takayuki, Kuroda Mitsutoshi
MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING A-STRUCTURAL MATERIALS PROPERTIES MICROSTRUCTURE AND PROCESSING 710 300-308 2018年1月

[3] 焼鈍条件の違いによるひずみ硬化りん青銅板の引張圧縮特性の差異
小泉 隆行, 黒田 充紀
銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies 56(1) 200-204 2017年8月

[2] Measurement of bauschinger effect in ultrafine-grained A1070 aluminum rods
Takayuki Koizumi, Mitsutoshi Kuroda
Key Engineering Materials 725 KEM 202-207 2017年1月

[1] 冷間圧延ひずみ硬化りん青銅板における引張圧縮特性の差異
小泉 隆行, 黒田 充紀
銅と銅合金 : 銅及び銅合金技術研究会誌 = Copper and copper alloy : journal of Japan Research Institute for Advanced Copper-Base Materials and Technologies 55(1) 27-31 2016年8月

2.本校論文
3.学会発表・講演等
 超微細結晶粒純銅におけるバウシンガー効果と結晶粒径の関係
中田友平, 小泉隆行, 黒田充紀
日本銅学会講演大会講演概要集 2017年11月17日

ひずみ硬化黄銅板におけるstrength differential効果
小泉隆行, 小林銀河, 黒田充紀
日本銅学会講演大会講演概要集 2017年11月17日

万能試験機のクロスヘッド移動量を用いた高精度圧縮ひずみ測定法の提案
小泉隆行, 黒田充紀
塑性加工連合講演会講演論文集 2017年10月20日

繰り返し重ね接合圧延によって作製した超微細結晶粒純アルミニウムにおける応力緩和挙動
小泉隆行, 車谷安奈, 黒田充紀
軽金属学会大会講演概要 2017年10月4日

繰返し重ね接合圧延によって作製した超微細結晶粒純アルミニウムにおける結晶粒径効果の検討
小泉隆行, 島田知弥, 黒田充紀
軽金属学会大会講演概要 2017年10月4日

繰返し重ね接合圧延によって作製した超微細結晶粒純アルミニウムにおけるSD効果
小泉隆行, 鹿勇太, 黒田充紀
軽金属学会大会講演概要 2017年10月4日

超微細結晶粒純銅におけるバウシンガー効果
小泉隆行, 中田友平, 黒田充紀
日本銅学会講演大会講演概要集 2016年10月29日

焼鈍条件の違いによるひずみ硬化りん青銅板のSD効果
小泉隆行, 黒田充紀
日本銅学会講演大会講演概要集 2016年10月29日

超微細結晶粒アルミニウムにおける応力緩和挙動
小泉隆行, 黒田充紀
軽金属学会大会講演概要 2016年10月5日

バウシンガー効果測定を用いた超微細結晶粒材料の粒界効果の推定
小泉隆行, 黒田充紀
日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM) 2016年9月21日

簡易温間圧縮試験法の開発
小泉隆行, 黒田充紀
塑性加工連合講演会講演論文集 2015年10月13日

温間曲げ試験装置の開発
梅津太揮, 小泉隆行, 黒田充紀
塑性加工連合講演会講演論文集 2015年10月13日

AZ61Mg合金板の熱間圧延過程を対象とした集合組織発達予測に関する検討
小泉隆行, 只野裕一, 黒田充紀
日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM) 2014年7月17日

結晶塑性有限要素法を用いたAZ61Mg合金板の材料パラメータ同定
小泉隆行, 只野裕一, 黒田充紀
塑性加工春季講演会講演論文集 2014年5月20日

OS0120 AZ61 Mg合金板の熱間圧延過程を対象とした集合組織発達予測に関する検討
小泉 隆行, 只野 裕一, 黒田 充紀
M&M材料力学カンファレンス 2014年

結晶塑性有限要素法による平面ひずみ圧縮下での集合組織発達予測
中野紗代子, 只野裕一, 小泉隆行, 黒田充紀
日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM) 2013年11月1日

1404 結晶塑性有限要素法による平面ひずみ圧縮下での集合組織発達予測
中野 紗代子, 只野 裕一, 小泉 隆行, 黒田 充紀
計算力学講演会講演論文集 2013年

集合組織を考慮したマグネシウム板の圧延解析手法
成澤和晃, 小泉隆行, 黒田充紀
日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM) 2012年10月5日

908 集合組織を考慮したマグネシウム板の圧延解析手法(OS9-2.材料の組織・強度に関するマルチスケールアナリシス(2),OS・一般セッション講演)
成澤 和晃, 小泉 隆行, 黒田 充紀
計算力学講演会講演論文集 2012年

OS0314 結晶塑性モデルによるMg板の圧延解析手法に関する検討
小泉 隆行, 只野 裕一, 黒田 充紀
M&M材料力学カンファレンス 2012年

結晶塑性モデルによるMg板の圧延解析手法に関する検討
小泉隆行, 只野裕一, 黒田充紀
日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM) 2012年

マグネシウム板を対象とした結晶塑性解析による最適異周速圧延条件の検討
小泉隆行, 黒田充紀
塑性加工連合講演会講演論文集 2011年10月13日

板厚方向の集合組織分布を考慮した結晶塑性円筒深絞り加工解析
小泉隆行, 黒田充紀
日本機械学会東北支部秋季講演会講演論文集 2011年9月22日

結晶塑性モデルを用いた実用的円筒深絞り加工解析
小泉隆行, 黒田充紀, 伊川慎吾
日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM) 2008年10月31日

159 結晶塑性モデルを用いた実用的円筒深絞り加工解析(OS13.材料の組織・強度に関するマルチスケールアナリシス(7),オーガナイズドセッション)
小泉 隆行, 黒田 充紀, 伊川 慎吾
計算力学講演会講演論文集 2008年

結晶塑性有限要素法を用いたマグネシウム合金板の成形加工性の予測
相沢和也, 小泉隆行, 黒田充紀
塑性加工連合講演会講演論文集 2007年10月12日

2)著書

3)受賞

カナダの研究調査機関 Advances in Engineering より,発表論文「Grain size effects in aluminum processed by severe plastic deformation」が工学的に重要な論文として選定 2018年6月
https://advanceseng.com/grain-size-aluminum-processed-severe-plastic-deformation/ 

4)特許(知的財産権)

5)開発教材

6)資格

活動
1)学会活動

2)職業能力開発

科研費採択課題

温間曲げ試験における諸問題を克服した汎用的手法の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金(奨励研究)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月 代表者: 小泉 隆行

ひずみゲージを用いない高精度圧縮ひずみ測定法
日本学術振興会: 科学研究費補助金(奨励研究)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月 代表者: 小泉 隆行

温度制御を実現した高精度簡易圧縮試験法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(奨励研究)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月 代表者: 小泉 隆行

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る