大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 熊谷 由里子

教員紹介

熊谷 由里子 Yuriko KUMAGAI

講師

【講師】能力開発基礎系/国際・地域支援ユニット

学位
修士(英文学)群馬県立女子大学, 2013
学歴
群馬県立女子大学 大学院 文学研究科 修士課程, 2013. 
宮城教育大学 教育学部, 1987.
マカレスター大学(留学), 1985-1986.         
メールアドレス
y-kumagai●uitec.ac.jp
専門分野
英文学, 英米児童文学, 英語教育
ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する国際支援のうち,特に英語を用いた異文化コミュニケーションのための英語習得プロセス研究,英語教育研究, 比較文化・文学研究を担当

私の教育方針

グローバル社会で必要な認識力や思考力を持ち,異文化コミュニケーションにおいてツールとしての英語を使うことのできる技術者ならびに職業訓練指導員の育成

主な研究実績等
1)主要論文
1.学術論文等
1. 英語to不定詞の指導手順に関する一提言—リメディアル教育の観点から—, 全国高等専門学校英語教育学会COCET『研究論集』,熊谷由里子 熊谷健,38,(10頁),2019/03(発刊予定).  
2. A Study on King Lear Performance History in Japan, 群馬県立女子大学英米文化学会『群馬県立女子大学英米文化研究』,9,21-34,2019/01.
3. 英語名詞の指導—リメディアル教育の観点から—, 全国高等専門学校英語教育学会COCET『研究論集』,熊谷健 熊谷由里子,37,195-204,2018/03.
4. 英語学習支援の現状と課題—工学院大学「学習支援センター」実践報告分析-,
群馬県立女子大学英米文化学会『群馬県立女子大学英米文化研究』,8,15-30,2018/01.
5. The Catcher in the Ryeにおける語り手分析, 日本イギリス児童文学会TINKER BELL,62,33-48,2017/03.
6. 英語副詞の指導~リメディアル教育の観点から~, 国立東京工業高等専門学校研究報告書, 熊谷健 熊谷由里子,48, 1-7,2017/03.  
7. 形容詞の指導ーリメディアル教育の観点からー, 全国高等専門学校英語教育学会COCET研究論集, 熊谷健 熊谷由里子, 36,115-124,2017/03.
8. Jane Austenの描いた18世紀後半のイギリスの結婚の風景—Pride and Prejudiceをめぐってー, 工学院大学研究論叢,54-2,85-95,2017/02.
9. The Catcher in the Rye 再読—傷つき恐怖を感じる少年が紡ぐ物語—, 群馬県立女子大学英米文化研究,7,29-48, 2017/01.
2.本校論文
3.学会発表・講演等
1. サリンジャーの少女観—マティ,フィービー,エズメの分析から—, 日本イギリス児童文学会第48回研究大会, 大阪樟蔭女子大学,2018/12.
2. Satoru Satoh: The Most Popular Literary Fantasy Novelist in the Founding Period of Japanese Literary Fantasy Novel, 2018 Taipei Tech’s Literary Conference, Taipei Tech,
2018/11.  
3. to不定詞の効果的な指導—リメディアル教育の観点から—, 熊谷由里子 熊谷健, 第42回全国高専英語教育学会研究大会, 国立青少年オリンピックセンター,2018/09.  
4.「発見としての学習」を目指す英語学習, 日本リメディアル教育学会第14回全国大会, 創価大学,2018/08.
5. ホールデンの語りの特徴, 日本イギリス児童文学会第47回研究大会, 東京女子大学,2017年/10.  
6. 名詞の指導—リメディアル教育の観点から—, 熊谷健 熊谷由里子, 第41回全国高専英語教育学会研究大会, 京都府中小企業会館,2017/09.
7. 英語が苦手な大学生の初年度英語指導における工夫, 日本リメディアル教育学会第13回全国大会, 日本文理大学,2017/08.
8. 日本の『リア王』受容ー1980年代から2000年代の上演を中心にー, 日本イギリス児童文学会第46回研究大会,中京大学,2016/11.
9. 形容詞の効果的な指導~リメディアル教育の観点から~, 熊谷健 熊谷由里子, 第40回全国高専英語教育学会研究大会,2016/09. 
10.ホールデンという少年, 日本イギリス児童文学会第45回研究大会,川村学園女子大学,2015/11.
2)著書

3)受賞

4)特許(知的財産権)

5)開発教材

6)資格

活動
1)学会活動

1.群馬県立女子大学英米文化学会会員2007-
2.日本イギリス児童文学会会員 2015-
3.日本英文学会会員 2016-
4.全国高等専門学校英語教育学会会員 2016-
5.日本リメディアル教育学会会員2017-
6.日本シェイクスピア協会会員 2017-

2)職業能力開発

現在の研究・技術開発テーマ等

1.英文学 シェイクスピア研究 日本におけるシェイクスピア受容について
2.英米児童文学 サリンジャー研究
3.英語教育 品詞・五文型の理解から始める英語習得に関する研究/ 学習支援研究

受託研究・共同開発テーマ

品詞・五文型の理解から作る英語基礎力ならびに英語習得のプロセスの研究 (国立群馬工業高等専門学校 熊谷健准教授との共同研究)2016-

メッセージ

ものづくりのリーダーや国全体の職業訓練を支える力になる指導員を養成することを目標とする本校では, その土台となる力を身につけることも重視しています。リベラルアート, 科学, 技術・技能を総合的に学び, 物事を把握し深く思考できうるようになってもらいたいと思います。グローバル社会で生きる皆さんにとって,英語は大事なツールになります。使うために英語を学び, 世界に羽ばたいてもらいたいと思います。一緒に楽しく勉強しましょう。

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る