大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 有馬 雄祐

教員紹介

有馬 雄祐Arima Yusuke

特任助教

【特任助教】新成長分野系/建築環境設備エネルギーユニット

学位
博士(工学) 東京大学,2017
工学修士(東京大学),2014
学歴
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了, 2017
東京大学大学院修士課程修了, 2014
大阪大学工学部地球総合工学科卒業, 2012
メールアドレス
y-arima●uitec.ac.jp
専門分野
建築環境工学
ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する建築環境設備エネルギー分野の研究のうち、気候・気象を含む建築環境の予測と制御、建築のウェルビーイングなどに関する研究を担当。

私の教育方針

独学のすすめが教育方針です。一人ひとりの個性や興味・関心を大切に教育をしてゆきたいと思います。

主な研究実績等
1)主要論文
1.学術論文等
1) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto:Performance verification of typical and design weather year by thermal load calculation targeting office building, Building Services Engineering Research & Technology, Vol.39, Issue2, pp.1-14, 2018.1

2) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto:Proposal of typical and design weather year for building energy simulation, Energy and Buildings, Vol.135, pp.517-524, 2017.3

3) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀:クオンタイルマッピングによる建築熱負荷計算用の気象データ作成のための全天日射量のバイアス補正手法, 日本建築学会環境系論文集, Vol.81, No.729, pp.1047-1054, 2016.11

4) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka:Effect of climate change on building cooling loads inTokyo in the summers of the 2030s using dynamically downscaled GCM data, Energy and Buildings, Vol.114, pp.123-129, 2016.2

5) Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima:A study of urban thermal environment in Tokyo in summer of the 2030s under influence of global warming, Energy and Buildings, Vol.114, pp.54-61, 2016.2.15

6) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹:力学的ダウンスケーリングによる建築熱負荷計算のための近未来気象データの作成(その1)夏季の関東地方を対象とした近未来標準気象データの試作と気候変動の建築熱負荷への影響評価, 日本建築学会環境系論文集, Vol.80, No.710, pp.371-379, 2015.5

7) Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima, Toru Yamanaka:Study on the future weather data considering the global and local climate change for building energy simulation, Sustainable Cities and Society, Vol.14, pp.404-413, 2015.2
2.本校論文
3.学会発表・講演等
1) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀:オフィスビルを対象とした熱負荷計算による標準設計用気象データの性能検証, 日本建築学会大会学術講演, 広島, 2017.9

2) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto:New type of year weather data based on quantile mapping called as typical and design weather year (TDWY), CIBSE ASHRAE Technical Symposium, Loughborough, UK, 2017.4

3) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto:Typical and Design Weather Year for Building Energy Simulation, ASHRAE Annual Conference, Long Beach, USA, 2017.6

4) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto:Impact of Climate Change on Annual Cooling and Heating Load in Tokyo Using Prototype of Near-Future Weather Data, IAQVEC, Incheon, Korea, 2016.10

5) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀:GCM を使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その5)クオンタイルマッピングによる全天日射量のバイアス補正手法, 日本建築学会大会, 福岡, 2016.8

6) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹:GCM を使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その4)気候変動が夏季と冬季の建築熱負荷に与える影響評価, 日本建築学会大会, 東京, 2015,9

7) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹:近未来気象データを用いた気候変動が夏季と冬季の建築熱負荷に与える影響評価, 空気調和・衛生工学会大会, 大阪, 2015.9

8) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka:Near Future Weather Data for Building Energy Simulation in Summer/Winter Seasons in Tokyo Developed by Dynamical Downscaling Method,9th International Conference on Urban Climate, Toulouse, France, 2015.7

9) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka:Effect of Climate Change on Building Energy Simulation in Tokyo in Summer of the 2030s Using the Dynamically Downscaled GCM Data, Third International Conference on Countermeasures to Urban Heat Island, Venice, Italy, 2014.10

10) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹:GCM を使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その3)気象データのバイアス補正と気候変動が夏季の建築熱負荷に与える影響の評価,日本建築学会大会, 神戸, 2014.9

11) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka:A Study using Future Weather Data in Consideration of Climate Change and Local Climate Phenomena using Dynamical Downscaling for Building Energy Simulations, American Meteorological Society’s 94the Annual Meeting, Arizona, USA, 2014.2

12) Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima:Impact of global warming on the sensible heat load in a detached house in Tokyo in the 2030s, American Meteorological Society’s 94the Annual Meeting, Arizona, USA, 2014.2

13) Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima, Toru Yamanaka:Study on future weather data considering global and local climate change for building energy simulation, AIVC, Athens, Greece, 2013.9

14) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹:GCM を使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その2)MIROC を用いた過去再現実験による領域気象モデルの予測精度の検証, 日本建築学会大会, 北海道, 2013.8

15) 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀:GCM を使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究, 領域気象モデルによるダウンスケーリングの必要性, 日本気象学会大会, 宮城, 2013.10

16) 菊本英紀, 大岡龍三, 有馬雄祐, 山中徹, GCM を使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その1)再解析データを用いた過去再現実験による領域気象モデルの予測精度の検証, 日本建築学会大会, 北海道, 2013.8

17) 有馬雄祐, 甲谷寿史, 山中俊夫, 桃井良尚, 相良和伸, 上恭子:通風量の簡易予測を目的とした室内外流管解析に関する研究(その20)開口面積の組み合わせが通風量及び気流性状に与える影響, 日本建築学会大会, 名古屋, 2012.9

18) 有馬雄祐, 甲谷寿史, 山中俊夫, 桃井良尚, 相良和伸, 上恭子:室内外流管解析に基づく通風量予測に関する研究(その14)開口面積の組み合わせが室内外気流及び通風量に与える影響, 空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会, 大阪, 2012.3
2)著書

3)受賞

1) Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, IAQVEC 2016 Best Paper Award, Chair of Best Paper Award Committee and Chair of IAQVEC, 2016.10

2) 有馬雄祐, 2016 年度日本建築学会大会(九州)学術講演会環境工学部門若手優秀発表賞, 一般社団法人日本建築学会環境工学委員会, 2016.11

4)特許(知的財産権)

5)開発教材

6)資格

活動
1)学会活動

日本建築学会会員 2011- 
日本空気調和・衛生工学会会員 2015- 
日本建築学会適応都市小委員会適応都市定義WG 2017-

2)職業能力開発

現在の研究・技術開発テーマ等

建築のウェルビーイングに関する研究、機械学習による適応熱的快適性予測に関する研究

メッセージ

学生の皆さんへ:学生の皆さんの自主的な学びを精一杯に応援してゆきたいと思います。

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る