研修/セミナー受講希望の方

トップ > 研修/セミナー受講希望の方 > 第4次産業革命に対応した訓練に係る研修について

第4次産業革命に対応した訓練に係る研修について

第4次産業革命に対応した訓練に係る職業訓練指導員研修

第4次産業革命の概要
 第4次産業革命(以下「4革」という)の進展に伴い、企業内や企業間においてフィジカル空間(現実空間)とサイバー空間(デジタル空間)の相互連携が進み、新しい価値を生み出す社会へと変化しています。
ものづくりの現場においても、その実現のため(1)現場(フィジカル空間)にある多様な情報をIoTで収集、(2)データをサイバー空間のクラウドに蓄積、(3)AI等を駆使して分析、(4)分析結果をフィジカル空間にフィードバックする一連のサイクルを構築することが必要です。(図1参照)

図1 4革イメージ図

1 データ収集(センシング・通信・IoT) 2 データ蓄積(クラウドコンピューティング・ビッグデータ) 3 データ分析(AI・シミュレーション・3次元モデリング) 4 データ利活用(ロボット・ドローン・BIM・生産管理システム)
 
求められる職業訓練指導員
 近年、上記1から4のサイクルを回し4革に対応するため、企業の人材ニーズ及び人材育成ニーズにおいてπ型人材のニーズが高まっています※1。そのニーズに対応するためには、職業訓練指導員(以下「指導員」という)もπ型人材を育成することが求められています。なお、4革に対応した指導員におけるπ型人材とは、これまでに培った(A)専門分野の技能・技術に加え、(B)幅広く横断的な知識及び(C)4革対応の技能・技術を兼ね備え、課題を解決できる能力を持った人材のことを表します。(図2参照)

※1 出典:(一社)日本機械工業連合会「平成30年度IoT・AI時代のものづくりと人の役割変化への対応調査研究報告書」

図2 4革に対応するπ型人材
 
 A 専門分野の技能・技術「指導員の技能・技術要素の体系」に示される各専門分野の技能・技術 B 幅広く横断的な知識 複数の専門分野を横断的に捉え課題解決等のために利活用する能力 C 4革対応の技能・技術 4革に対応した職業能力開発を推進するために必要な技能・技術
令和4年度 4革に対応した訓練に係る指導員研修コース一覧
4革対応におすすめの研修パッケージ
4革への対応に必要な指導員の研修体系

お問い合わせ先

研修課

TEL:042-346-7234
E-Mail:ptu04[$]jeed.go.jp


([$]は@に置き換えてください)