地域・国際・社会貢献

トップ > 地域・国際・社会貢献 > 利用者の声 > 指導員養成訓練修了生の声

指導員養成訓練修了生の声

こちらでは、指導員養成訓練の修了生のコメントを掲載しております。
下記リンクをクリックすると、各コース修了生のコメント欄をご覧になれます。(スクロールでも閲覧することができます)

職業能力開発研究学域(修士相当課程)
実務経験者訓練技法習得コース

職業能力開発研究学域(修士相当課程)修了生の声

職業能力開発研究学域(修士相当課程)については、下記のリンクをクリックしてください。
職業能力開発研究学域(修士相当課程)とは
令和元年度修了生
職業能力開発研究学域(以下、研究学域)に入学しようと思ったきっかけは何ですか?
〇職業訓練指導員免許の取得と並行して、学位を取得できることが魅力的だったので研究学域に入学しました。また、研究学域では、建築の最先端技術や専門的分野等を深く勉強する機会を頂けることも魅力的な点でした。

〇元々、学生時代に大学院に進学しようと思っていたところ、配属した研究室の担当教授から勧められたことがきっかけになります。また、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構の職員として働きながら職業訓練指導員免許を取れるということで学費の面の心配もなかったことやテクノインストラクター(職業訓練指導員)としても活かせることがあると思い、入学しました。

〇職業大の4年次に卒業研究として取り組んでいたテーマに興味を持ち、より詳しく研究してみたいと思ったことがきっかけです。私の性格が、興味を持ったことに対しては深追いしてしまう凝り性タイプだったこともあり、4年次の卒業研究を始めた早い段階で研究学域に進むことは決めていました。職業大4年次から3年間にわたり一貫して研究が行える環境を用意していただけたことは非常にありがたかったと思います。

〇職業大の総合課程で電気の技術や技能、そして知識を幅広く学んでいくうちに、電気の数ある分野の中で、電気の専門分野を自身の中で確立したいと感じていました。そんな中、総合課程3年次の時に、修士相当課程として研究学域があることを知り、自分の専門分野の確立に加えて、専門性を高める良い機会であると同時に、研究発表や論文執筆にて得られる資料作成の技術も高められると思い、研究学域への入学を考えました。
研究学域入学後大変だったことは何ですか、またそれをどう乗り越えましたか?
〇研究活動がゼロからのスタートだったことです。毎週のゼミでは研究の進捗を提示する必要がありました。論文調査や実験手法の検討、結果等について先生方と深く話し合いました。仕事をしながら研究活動とテクノインストラクターの勉強をすることになるため、時間に制約がありましたが、同期とコミュニケーションをとりながら乗り越えました。

〇実験でなかなか思うような結果が出ず、研究の方向性について悩んだ時期がありました。その時期には、専攻の垣根を越えて色々な先生方に相談に乗っていただき、研究の問題点についてご教示、ご指導いただきました。おかげで、その後の研究の方針を定めることができました。指導の先生をはじめ、先生方には深く感謝しております。

〇実験を行い結果を出しても、納得のいく考察ができなかったことです。私の研究は非常にデータ数が多く、データ整理するだけでも大変なのに、一部規則性のないデータがでると、その実験の項目ごとになぜそのような結果が出たのか考える必要がありました。ですから、ある程度自分の持っている考えをまとめて教授と何度も議論することによって研究での悩みや課題を解決していきました。
研究学域へ入学を検討している方へメッセージをどうぞ!
 〇研究学域では、興味のある研究テーマを深く追求できる楽しさがあります。また、学会やフォーラムへ参加することで、自身のプレゼンテーション能力等のスキルを高めることもできると思います。他分野の研究に触れる機会も多く、様々な視点から研究と向き合うことができるので好奇心が強い人にはもってこいだと思います。大変なことも多くありますが、そんな時は仲間に相談し励まし合いながら乗り越えましょう!

〇研究学域で大切なのは、しっかり自分の頭で考えて研究し、説明できるようにすることと、研究に新規性があることです。既往研究に目を通し、自身の研究との違いを洗いだしながら、地道に研究していくことが大事です。精神的なプレッシャーは少なからずあることと、休日も研究に時間を割いても大丈夫なら研究学域に進んで損はないと思います。

〇研究学域に入学後は、学会発表や特論の授業、教授の授業補佐などを行い、かつ研究しなければならないので毎日忙しい日々を送りました。しかし、それは同時にやりがいもあります。また、学部時代には扱うことのない実験装置や工具を使用して実験を行うので自分の研究に対する専門的な知識が深まります。

〇研究学域の2年間は、関心のある分野に対して全力で取り組める大変貴重な期間です。特論科目の受講、実験、論文執筆を通して、専門分野の知識や技術力、プレゼンテーション能力を確実に高められます。また、学会発表の際は、第一線で活躍している研究者と交流できる機会もあります。苦しいときもありますが、研究はとても楽しい活動です。興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

実務経験者訓練技法習得コース修了生の声

実務経験者訓練技法習得コースについては、下記のリンクをクリックしてください。
実務経験者訓練技法習得コースとは
修了生コメント
平成27年度修了生
【受講した理由】
 以前から職業訓練指導員という職種に興味があり、指導員免許を取りたいと思うようになった。自分で免許取得の方法を調べているうち、短期養成課程を見つけたので、受講した。


【受講してみて感じたこと】
 職業訓練の役割から訓練計画の立案、訓練受講者の支援方法、訓練コースの運営や見直しなど、短期養成課程は内容に深みがあり、職業訓練の全体が体系的に学べた。自分が想像していた以上に多くのことが学べたと思う。
平成30年度修了生
【受講した理由】
 前職で現場監督をやっていたが、人に指示することがなかなかうまくできなかった。あるとき、仕事に関する資格を取りに行くことになり、そこで職業訓練指導員が授業をしている姿を見た。もともと教えることが好きだったこともあり、自分も指導員になりたいと思った。


【受講してみて感じたこと】
 実技についての知識や経験はあったが、指導についての経験がなかったため、大変ためになった。例えば模擬授業を行う課題があり、その中で立ち位置の指導を受けたことがあったが、現在、自分が授業で指導するにあたり、その時の経験が大いに役に立っている。指導案も何枚も書いて作業の行程を突き詰めていく授業もあり、学んでいる当時はどのように役に立つのかわからないこともあったが、実際に授業を自分で担当してみて、授業で学んだ理由がわかってきた。
 指導員として教える立場になると、個人の理解度が全員違うため、授業の内容を理解するまでの道筋を組み立てていくことや、訓練生の理解を目標まで深めることが難しい。実技を教える授業では、自分がイメージしていた進行具合と実際の授業の進行具合が異なることもあるので、教え方をその都度変えている。しかしその分、訓練生が理解できたときは、とてもやりがいを感じる。短期養成課程で学んだ訓練生とのコミュニケーションの取り方も役に立っていると思う。

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る