地域・国際・社会貢献

トップ > 地域・国際・社会貢献 > 利用者の声 > 指導員養成訓練修了生の声

指導員養成訓練修了生の声

こちらでは、指導員養成訓練の修了生のコメントを掲載しております。
下記リンクをクリックすると、各コース修了生のコメント欄をご覧になれます。(スクロールでも閲覧することができます)

職業能力開発研究学域(修士相当課程)修了生の声

職業能力開発研究学域(修士相当課程)については、下記のリンクをクリックしてください。
職業能力開発研究学域(修士相当課程)とは
令和2年度修了生
職業能力開発研究学域(以下、研究学域)に入校しようと思ったきっかけは何ですか?
  • 3年生の時に行われた研究室訪問で、研究内容に興味を持ったことが最初のきっかけです。実際に研究室へ配属された後、先生と実験や考察を行うことで、研究の面白さを実感しました。その後、もう少し深く研究を続けていきたいと考え、研究学域への入校を決意しました。
  •  学生の時に講義や実習、卒業研究に取り組んだことで物事を深く考え、理解する力が身についたと実感しました。研究学域に入校し研究活動や特論を受講することで、機械分野に関する専門的な知識を習得することができると考え志望しました。また、研究室の先生方が熱心にご指導してくださり、研究活動に取り組む環境が整っていたことも決め手となりました。
  • きっかけは地元のポリテクセンターにインターンシップで行ったときのことでした。そこで、私の指導担当になった指導員の方から修士を取った方がいいと紹介していただきました。実際、その方も修士を取得しており、仕事でも役に立ったとおっしゃっていました。
  • 学生の時に、担任から職業訓練指導員になるまでのことと研究学域についての話を聞き、興味を持ったのがきっかけです。指導員の研修を受けながら修士を取るための研究をするので、厳しい道のりになると思いましたが、こんな機会はなかなかないと思い、入校を決心しました。
  • 4年生の時に研究室に配属され研究を始めたのですが、研究室の雰囲気が良く、研究も楽しく行えたため研究に興味を持ちました。また、職業能力開発大学校で勤務するにあたって有利になるであろう修士号を取得できるため、入校を決意しました。
研究学域入校後大変だったことは何ですか、またそれをどう乗り越えましたか?
  • 研究室内の報告会や発表会の準備が大変でした。報告会の度に資料作成の仕方を見てもらう機会ができたと思って、ポジティブな方向に考え方を変えることで乗り越えました。また、発表資料がある程度完成したら指導教員や後輩に相談に乗ってもらいました。意見を活かして本番に臨むことができたので、結果的に良かったと思います。
  • 専門分野ではない分野の勉強です。実験機器を動かすためのプログラミングの知識や、実験結果を客観的に論じるための統計分析を勉強することが大変でした。これらは、研究室の先輩とともに解決方法を探したり、専門分野の先生に話を聞きに行くことで解決しました。
  • 研究活動を実施する時間に限りがある中で、研究活動の成果を出し、学会発表の準備・実施や修士論文の完成をさせることです。特に研究学域1年目は職業訓練指導員になるための研修や研修後に実施される特論の受講により、時間が足りないと感じることがありました。その対策として、 現時点での研究成果をまとめて短期間で効率的に研究に取り組むための詳細な計画を立てたり、指導教員と積極的な意見交換をしたりして乗り越えました。
  • 研究活動に対するモチベーションの維持に苦労しました。思うように研究が進まないときは、同じ研究学域の仲間と話をしていました。別分野の研究でも同じような悩みを抱えている場合もあり、そういった不安をお互いに打ち明けることでモチベーションを回復させました。
研究学域へ入校を検討している方へメッセージをどうぞ!
  • 研究学域は指導員としての研修と研究の推進をマルチタスクで行うことが求められます。非常にハードな日々でしたが、やり遂げた達成感は何にも代えがたい経験になり、自信にもつながりました。特別な経験と自信をもって、職業訓練指導員としてともに働けることをお待ちしております。
  • 私自身、研究学域の2年間には、大変なこと、辛いことがたくさんありました。しかし、修士論文を完成させたときの達成感は、何物にも代えがたいものだと感じました。この達成感は、他では中々味わえないものだと思います。自分が研究学域で何をしたいのかじっくり考えて、入学を検討してください。
  • 研究学域は、学費が安く設備が充実していることが特徴です。専門分野をもう少し勉強したいとか、研究活動を続けたいという方にはまたとないチャンスだと思いますので、前向きに検討してほしいです。ただ、楽しくもあり厳しくもある2年間になると思いますので、相応の覚悟とやる気をもって研究活動に臨んでください。研究学域を修了した経験は必ずあなたの糧になるので、入学した暁には最後まで走り抜けてください。
  • 研究学域の2年間は、職業訓練指導員の研修を受けながら、勉強や研究などやることがたくさんあって大変ですが、研究をするために必要な環境がとてもそろっている場所でもあります。支えてくださる方もたくさんいらっしゃいますので、不安などもあるかと思いますが、一人で抱え込まず色々と話を聞いて検討してみてください。

訓練技法習得コース修了生の声

訓練技法習得コースについては、下記のリンクをクリックしてください。
訓練技法習得コースとは
令和3年度修了生
職業訓練指導員(テクノインストラクター)になろうと思ったきっかけは何ですか?
  •  若年者ものづくり競技大会に出場するときに、熱心に指導してくれた指導員の姿を見て、自分も指導員になりたいと思ったことがきっかけでした。指導員は一般的な教員とは違い、専門知識とキャリアコンサルティングに関する知識を有することを知り、自分もこんなプロフェッショナルになりたいと思ったことも、きっかけの一つです。
  •  建築系学部の出身ですが、ゼネコンやハウスメーカーの施工管理は性に合わないと感じていました。また、友達や後輩に頼られて勉強を教えることが多く、自分には指導員という職業が向いているかもしれないと感じ、志すようになりました。建築業界は人手不足でしが、そもそも建築業界を志す人がいても、指導する人間がいないと人手不足の解消に至らないと思い至ったことも、きっかけの一つです
  • 学生時代にお世話になった先生の姿にあこがれて、私もそのようになりたい、指導員として教える仕事をしたいと思い、指導員になろうと考えました。
  • 学生のころから友人に教える機会が多く、その際に教えるのに向いているといわれ、人に教える仕事を意識し始めました。ポリテクセンターへインターンシップに行った際、指導員の先生から向いているといわれました。また、業務の合間に色々なことを教えていただいたり、やったことがない作業を体験させていただいたりと良くしていただいたので、この職場なら楽しく仕事していけるかと思い決めました。
  • 自分が今までに得た知識、技術や経験を教えることで、多くの方の役に立つことに魅力を感じたからです。前職では現場監督としていろいろな工事現場の作業に携わりましたが、実際にものを作ることよりも自分の技術や技能を伝えることの方がより多くの方の役に立つと思い、指導員の募集があったため転職しようと思いました。
  • 人にポジティブな影響を与えたいと考えたからです。私は母や先生など多くの人に支えられて今があります。何かを勧めたりするのではなく、私を尊重して助けてくれました。とても感謝をしています。このような接し方をしてもらえている人は少ないのではと感じ、私も多くの人を支えて、その人の思う良い方向に向かう手助けをしたいと考えたことがきっかけです。
受講中、大変だったことは何ですか?また、それをどう乗り越えましたか?
  •  訓練生に対して実際に訓練を実施したことです。初めてだったので、分からないことが多く苦労しました。それでも、同期の人たちから評価を受けたり、施設の先輩指導員に相談したり等していくことで、訓練で使用するテキストや訓練の内容の改善をしていくことができました。
  • 指導案を作ることが大変でした。指導案とは訓練を指導するうえでとても大切なものである分、考えて作成しなくてはいけません。自分では理解していると思っている作業でも、訓練生に説明することを考えると一時間の訓練でも準備にとても時間がかかり、大変でした。模擬訓練の準備は、先輩指導員からのアドバイスや空き教室での練習を行い乗り越えました。
  • 指導案の作成や模擬授業が大変でした。作成の際には自分が初めて建築に触れた時のことを思い出しながら、安全に作業しなければならない点、特に説明が必要な点、カン・コツのため丁寧な説明を心がける点などを確認しながら進めることで乗り越えました。
職業訓練指導員(テクノインストラクター)を目指す方へ、メッセージをどうぞ!
  •  訓練生から「ありがとうございます。」「スッキリしました。」等の言葉を頂いたときに、この職を選んでよかったと思います。常に時代のニーズに沿った訓練を展開することは難しいことですが、やり切った際には自分も訓練生も一緒に成長できる。これは指導員だけの特権だと思います。
  • 教えるということは難しいことですが、その分やりがいのあることだと思います。また、相手によく伝わるように日々試行錯誤していくことで、結果として自身の成長にもつながるはずです。教えることが好き、自身の成長につながることをしたいと思うなら、指導員を目指すのも一つの手だと思います。
  • 職業訓練指導員の仕事は、訓練生のこれからの人生を左右するとても大切な仕事だと思います。職業訓練指導員になる前に、学生のうちはしっかりと講義を受け、自分の専門分野の知識をしっかり身に付けることや、指導していく上で必要な資格などの取得をするように心がけると、職業訓練指導員として仕事をする上で役立つことが多いと思います。指導員の仕事は大変なこともありますが、やりがいのある仕事だと思います。
  • 職業訓練指導員は自分自身の成長、訓練生の成長の両方を見ることができ、充実感のある仕事です。どうすればより相手にわかりやすく説明できるのか、理解してもらえるかなどを検討しながら準備をすることは大変ですが、訓練生の声を聴くことが励みになり、よりよい授業にしようという意欲が湧くような素晴らしい仕事です。
  • 人助けを進んでできるような、人のために行動できる人は向いている職業なのではないかと思います。訓練をするにも就職支援をするにも、訓練受講生に誠実に向き合って考えるということが求められます。教えられるように知識・技能を高めることも求められますが、人と向き合う仕事なのだと理解して、あくまで人のためにと意識して頑張ってください。