研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 建築計画・設計・CADユニット

研究ユニット

建築計画・設計・CADユニット

ユニットの概要
members

 建築計画・設計・CADユニットは、建築・都市における建築計画、設計、CAD分野の教育と研究を行っています。
 建物は、都市や地域、敷地の調査から、建築の企画、計画、意匠設計、構造設計、設備設計、施工、竣工というプロセスを経てできあがります。当ユニットは、この都市・建築における調査から意匠設計までの技術・技能分野を教育と研究の対象としています。
 建築計画は、設計をするための準備の段階です。都市・建物の空間や人々の様々な行動、設計の進め方などについて学びます。
 建築意匠設計では、イメージを建物の形にしてゆくためにコンセプトからイメージへの展開し、具体的な都市・建築空間をつくって方法を学びます。さらに設計発表会をとおしてプレゼンテーション能力も養います。

ユニットの担当分野

教授  和田浩一  建築計画学、建築設計学
准教授 金 正和   建築計画学、建築設計学、意匠設計、ランドスケープ

 指導員養成訓練、研修課程および総合課程においても同分野の研究・講義・実習・情報収集を行っています。研究では、特に設計方法、住環境に関 する調査を推進しています。また、職業大が担当する建築CADの競技大会にも貢献しています

教員
主な研究テーマ

(1)建築・地域・都市空間を活性化させるための調査・提案・設計
  (卒業設計) 和田・金
(2)建築空間生成の仕組みに関する研究  (設計プロセス研究) 和田
(3)互助的介護ボランティアの活用に関する研究  (高齢者施設関連研究) 金
(4)建築・地域空間生成の仕組みに関する研究  (建築計画研究) 和田・金

  • slide1
  • slide2
  • slide3
  • slide4
  • slide5

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る