研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 技能分析ユニット

研究ユニット

技能分析ユニット

ユニットの概要
技能五輪全国大会課題例(フライス盤)

技能分析ユニットでは、職業大が関わっている技能競技大会において、技能・人材育成に関する調査を実施し、「ものづくり技能」の習熟過程の解明に向けた研究を行っている。また、競技職種に共通するアンケートの作成、集計、分析も担っており、他ユニットが実践している技能科学研究の支援なども行っている。

ユニットの担当分野

教育工学、建築生産・木質構造、福祉工学、メカトロニクス、データ工学、Webサービス、経営工学,生産プロセスの統計的分析

教員
主な研究テーマ

1.「ものづくり技能」の卓越性に起因した要因の解明
2.「ものづくり技能」の習熟過程のモデル化(量と質の混合研究法)
3.科学的根拠に基づいた「ものづくり技能」の教育実践研究

  • 技能五輪全国大会競技風景(フライス盤)

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る