研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 受講者支援ユニット

研究ユニット

受講者支援ユニット

ユニットの概要

受講者支援ユニットでは、人の「理解」や「支援」をキーワードに教員それぞれで研究を進めています。
そもそも人の支援を考えるとき、私たちは「その人をどのように理解できるのか」という問題を避けて通ることはできません。また、支援のあり方を考えるといっても、支援という営みが「支援をする/される」という固定的な関係を生じさせたり、支援という名の制度が、むしろ制度を必要とする存在を際限なく生じさせたりする、といった問題が付きまといます。
一方で、現代の日本社会では格差・貧困、また障がい者や性的少数者、さらに移民のように、多様なマイノリティへの支援が叫ばれています。そしてそのとき、私たちの多くはそうしたマイノリティが置かれた文脈を十分に検討することなく、支援の方法やハウツーの議論に固執してしまいがちです。そこで本ユニットでは、そうした議論がはらむ問題に留意した検討や考察を重ねながら、主として教育社会学、心理学、社会福祉学といった視点からそれぞれ研究を進めています。

ユニットの担当分野

総合課程では主に、リベラルアーツ科目として「心理学」(担当:坪田)、能力開発科目として「社会福祉論」(担当:石原)を受け持っています。また、指導員養成訓練では「受講者支援法」「受講者支援実践」「職業訓練心理学」をユニットで担当し、職業訓練指導員を対象に「人の理解・支援」を主眼とした授業を展開しています。受講者を取り巻く社会の構造やその社会的・心理的背景に目を向けながら、人の支援について考えられる人材の育成に貢献することが、本ユニットの目指すところです。

教員
主な研究テーマ

1.大学生の職業観の規定要因とキャリア成熟
2.中途視覚障害者の白杖利用プロセスと分岐要因
3.工学系大学生の就職活動における卒業生ネットワークの効果
4.職業訓練指導員としての職業選択と「重要な他者」
5.チームエラーの早期回復を目的とした工学教育の提案

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る