研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 心身管理・生体工学ユニット

研究ユニット

心身管理・生体工学ユニット

ユニットの概要
UNIT1 タイトル

 研究については、生体信号計測、生体信号処理、生体信号解析をベースとして、呼吸規則性の定量化、自律神経評価の精度検証、筋疲労の評価、生体信号による技能評価の試みなどを行っています。
 教育については、総合課程における学士教育・卒業研究指導、長期養成課程職業能力開発研究学域における修士課程相当の研究指導、高度養成課程における研究指導を担当しています。

ユニットの担当分野

技能科学、人間工学、生体工学、生体計測、ヒューマンインタフェース、信号処理、プログラミング、組込み技術、日本語文書作成技法

教員
主な研究テーマ

1.生体信号計測による“ものづくり”技能の人間科学的評価方法の開発(不破、貴志)
2.高精度な自律神経活動評価法の開発(不破)
3.筋電図から筋疲労を評価する方法、および測定解析システムの開発(貴志、不破)

  • 生体信号計測用アンプの自作電子回路
  • 心電図,皮膚コンダクタンス,呼吸曲線などの生体信号を測定中の画面
  • NIRS(近赤外分光法)による前頭前野の脳賦活の測定(被験者ははんだ付け作業中)

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る