研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 建築環境設備エネルギーユニット

研究ユニット

建築環境設備エネルギーユニット

ユニットの概要
labomembers

建築環境設備エネルギー(U38)では、建築環境工学、建築設備、電子工学分野に関る教育・研究を行っている。研究テーマは建築の設備やエネルギーの問題に加えて、人間の知覚を考慮した快適な建築環境に関する研究、植物の育成を促進するための環境装置の開発など、建築環境のハードとソフトの両面にわたり幅広い研究を行っている。

ユニットの担当分野

建築環境工学、建築設備工学、建築環境心理、電子工学、計測制御工学

教員
主な研究テーマ

1.オフィス空間の視覚的品質の評価に関する研究(橋本)
2.Zero Energy Building(ZEB)に関する研究(橋本)
3.植物育成環境の実験装置設計製作評価(清野)
4.建築のウェルビーイングに関する研究(有馬)
5.機械学習による適応的温熱快適性の予測に関する研究(有馬)

  • visual quality of office space
  • zero energy building
  • vegetation
  • well-being
  • adaptive thermal comfort

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る