大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 大川 正洋

教員紹介

大川 正洋Ohkawa Masahiro

准教授

【准教授】基盤ものづくり系/塑性加工ユニット

学位
博士(工学)芝浦工業大学,2019.3
修士(工学)(学位授与機構),1998.10
学歴
芝浦工業大学大学院理工学研究科博士後期課程満期修了,2014.3(平成26年3月)
職業能力開発総合大学校研究課程機械専攻修了,1998.3(平成10年3月)
職業能力開発総合大学校生産機械工学科卒業,1996.3(平成8年3月)
メールアドレス
ookawa●uitec.ac.jp
専門分野
塑性加工,精密板金,レーザ加工,熱処理技術,機械材料
ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する塑性加工分野の研究のうち,特に精密板金,レーザ加工,熱処理技術,ひずみ測定などを担当

私の教育方針

精密板金を含む塑性加工技術分野の高度な科学的知見と技術・技能を身につける。塑性加工ユニット担当分の学科・実習を十分に担当できるよう知識を身につけ,有能な指導員の育成と職業能力開発の展開を積極的に達成する。

主な研究実績等
1)主要論文
1.学術論文等
1.学術論文等
[1]AZ31Bマグネシウム合金圧延板の円筒深絞り成形におけるフランジ破断と板押えの関係, 軽金属, Vol.69, No.2(2019).
[2]Cold Deep-drawing of AZ31 Magnesium Alloy Sheet Under Controlled Forming Motion Using Servo Press Machine, M. Okawa, A. Takasaki, Universal Journal of Materials Science, Vol.4, 4(2016).
[3]ウッドセラミックス集塵電極を用いた電気集塵装置に関する検討, 川田吉弘, 清水洋隆, 大川正洋, 森茂樹, 柿下和彦, 静電気学会誌, Vol.42, 4(2018).
[4]Effect of Woodceramics Grounded Electrode on Electrostatic Precipitation with Positive Corona Discharge, Y. Kawata, H. Shimizu, M.Okawa, S. Mori, K. Kakishita, Trans. Mat. Res. Soc. Japan, Vol.43, 3(2018).
[5]サーボプレススライドを用いた能動的振動制御による打抜き振動の低減, 村上智広, 楊明, 來住裕, 大川正洋, 櫻井光広, 藤野栄一, 塑性と加工, Vol.58 No.675, (2017), pp.311-316.
[6]Reducing blanking vibration with active vibration control using a servo press, Key Engineering Materials, T. Murakami, M. Yang, H. Kishi, S. Mori, M. Okawa: ,ISSN:1662-9795, Vol.716, (2016), pp.510-520.
[7]Influence of blanking distance of materials on increase in blanking vibration using screw drive servo press, T. Murakami, M. Yang, H. Kishi, S. Mori , M. Okawa, Mechanical Engineering Journal, Vol.3, 2(2016), pp.1-10.
[8]ホタテ貝殻パウダーとセルロース繊維樹脂の機能性複合材料の開発,エコマテリアル・フォーラム,2010/06
2.本校論文
3.学会発表・講演等
【国際学会】
[1]M. Okawa, S. Mori, A. Takasaki: Observation of Fracture Phenomenon During Cylindrical Deep Drawing of an AZ31 Magnesium Alloy Sheet at Room Temperature(Development of In-plane Compression Test Jig), 13thInternational conference on Ecomaterials 2017(ICEM13) in KMUTT Knowledge Exchange for Innovation Center, Bangkok, Thailand.
[2]H. Shimizu, Y. Kawsda, M. Okawa, S. Mori: Influence of Freezing on Bending Strength of Carbon Material for Grounding Electrode, IUMRS-ICAM 2017, D2-P31-019, Kyoto University, Kyoto, Japan.
[3]M. Okawa, S. Mori, A. Takasaki: Observation of Fracture Phenomenon of AZ31 Magnesium Alloy Sheet at Room Temperature, TSME-ICoME2016(The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering)TSME-ICoME2016Conference Proceeding, AMM0012, p104, 13-16December2016,Chiang Mai, Thailand.
[4]T. Murakami, M. Yang, H. Kishi, S. Mori, M. Okawa, E. Fujino: Reducing blanking vibration with active vibration control using a servo press, Metal forming (2016), Proceedings, pp.510-520, Kraków, Poland.
[5]M. Okawa, S. Mori, A. Takasaki: Material Properties of an AZ31 Magnesium Alloy Sheet at Room Temperature, 10th SEATUC Symposium, OS06-23, 23-24 February (2016), Tokyo, Japan.
[6]M. Okawa, A. Takasaki: Cold Deep-drawing of AZ31 Magnesium Alloy Sheet Under Controlled Forming Motion Using Servo Press Machine, (2015) The International Conference on Ecomaterials (ICEM12) Industrial Technology Research Institute (ITRI), Taiwan.
[7]D. Kaewdook, M. Okawa, T. Okabe and A. Takasaki: New Applications of Woodceramics Originated from Waste Thai Hevea Wood, The 5th TSME International Conference on Mechanical Engineering, 17-19December, (2014), Thailand.
[8]D. Kaewdook, M. Okawa, A. Takasaki and T. Okabe: Production of Woodceramics using Thai Waste Coconut Shell, and their Physical Properties, The 8th MSAT International Conference on Materials Science and Technology, 15-16 December (2014), Bangkok, Thailand.
[9]M. Okawa, T. OKABE, A. Takasaki, D. Kaewdook: Injection molding technology that uses environment-friendly material, IUMRS-ICA2014, A4-P28-004, 28 Aug. (2014), Fukuoka, Japan.
【国内学会】
[1]大川正洋, 日與川光輝, 森茂樹, 村上智広, 高崎明人: AZ31マグネシウム合金板材の室温成形性に及ぼす面内圧縮の影響, 日本塑性加工学会春季大会(2018), 東京都渋谷区.
[2]大川正洋, 日與川光輝, 森茂樹, 高崎明人: AZ31マグネシウム合金板材の成形性に及ぼす面内圧縮の影響, 27th Annual Meeting of MRS-Japan 2016, 27回日本MRS年次大会, in CD-ROM Program:K-O7-016, 5-7 December (2017), 神奈川県横浜市.
[3]清水洋隆, 川田吉弘, 大川正洋, 森茂樹: 接地電極用炭素材料の製作条件および環境条件が機械的強度に及ぼす影響, 27th Annual Meeting of MRS-Japan 2016, 27回日本MRS年次大会, in CD-ROM Program: K-O7-014, 5-7 December (2017), 神奈川県横浜市.
[4]川田吉弘, 清水洋隆, 大川正洋, 森茂樹, 柿下和彦: 27th Annual Meeting of MRS-Japan 2016, 27回日本MRS年次大会, in CD-ROM Program:K-O7-015, 5-7 December (2017), 神奈川県横浜市.
[5]川田吉弘, 清水洋隆, 大川正洋, 森茂樹, 柿下和彦: ウッドセラミックス集塵電極を用いた電気集塵装置に関する検討, 41回静電気学会全国大会, 静電気学会講演論文集(2017),pp.27-30, 関西大学, 大阪府吹田市.
[6]大川正洋, 森茂樹, 高崎明人: AZ31マグネシウム合金板の面内圧縮試験の開発(室温域の円筒深絞り成形中における破断現象の観察), M&M2017材料力学カンファレンス, OS7HCP金属の実験力学と計算力学」2017.10, 北海道大学, 北海道札幌市.
[7]清水洋隆, 川田吉弘, 大川正洋, 森茂樹: 植物由来の炭素材料を用いた接地電極の機械的および電気的特性の検討, 26th Annual Meeting of MRS-Japan 2016, 26回日本MRS年次大会, in CD-ROM Program:E2-O20-006, 19-20 December (2016), 神奈川県横浜市.
[8]大川正洋, 森茂樹, 高崎明人: AZ31マグネシウム合金薄板のフランジ部の破断位置における圧延方向の影響, 26th Annual Meeting of MRS-Japan 2016, 26回日本MRS年次大会, in CD-ROM Program: E2-O20-008, 19-20 December (2016), 神奈川県横浜市.
[9]大川正洋, 森茂樹, 髙﨑明人: AZ31マグネシウム合金薄板でのフランジ部の破断位置における圧延方向の影響, 軽金属学会, 131回秋期大会講演概要(2016), pp349-350, 11/5-6,茨城大学,茨城県水戸市.
[10]大川正洋, 森茂樹, 髙﨑明人: 室温域におけるAZ31マグネシウム合金板の材料特性, 25th Annual Meeting of MRS-Japan 2015, 25回日本MRS年次大会, Program:F1-O9-013, 8-12 December 2015, 神奈川県横浜市.
[11]D. Kaewdook, M. Okawa, A. Takasaki and T. Okabe: New Applications of Woodceramics Originated from Biomass, 2014実践教育研究発表会東京大会 (2014), 東京都立産業技術高等専門学校東京都荒川区.
[12]大川正洋, ムハマド シャキリ, 髙﨑明人, 岡部敏弘: NCサーボプレスを用いた振動と間欠によるマグネシウム合金板の冷間深絞り加工, 24th Annual Meeting of MRS-Japan 2014, 24回日本MRS年次大会, December 2014, 神奈川県横浜市.
2)著書

[1]マグネシウム合金薄板の塑性加工の現状と課題, 軽金属溶接協会「軽金属溶接」Vol.55(2017)No.1, pp2-9 (大川正洋, 森茂樹).
[2]曲げ加工の基礎と問題解決「プレス技術」平成27年2月号日刊工業新聞社,P28-P32.
[3]せん断加工の基礎と問題解決「プレス技術」平成27年2月号日刊工業新聞社, P33-P35.

3)受賞

[1]Award for Best Paper, The 15th International Conference on Electrostatic Precipitation, 2018.
[2]研究奨励賞, 実践教育訓練研究協会, 2008.

4)特許(知的財産権)

[1]GFRP粉末入り樹脂、その製造方法および樹脂成形体(特開2014-169407)

5)開発教材

6)資格

[1]3次元CAD利用技術者1級
[2]CAD利用技術者1級
[3]技能士2級(フライス盤)
[4]技能士2級(普通旋盤)
[5]プレス作業主任者

活動
1)学会活動

[1]日本塑性加工学会会員1997-
[2]軽金属学会正会員2014-
[3]日本MRS正会員2008-オーガナイザ2014
[4]日本塑性加工学会プロセッシング計算力学分科会2014-
[5]エコマテリアル研究会2015-
[6]日本機械学会正会員2017-
[7]日本マグネシウム協会2016-2018

2)職業能力開発

[1]中央技能検定委員, 2015-
[2]全国技能五輪「自動車板金」職種競技委員, 2015-

現在の研究・技術開発テーマ等

[1]マグネシウム合金圧延板の冷間塑性加工に関する研究
[2]炭素材料を用いた接地極の強度特性と構造に関する研究
[3]サーボプレスの振動解析と打抜き振動低減に関する研究

受託研究・共同開発テーマ

[1]高純度鉄の加炭・浸炭処理による機械的性質(引張り強さ、伸び、縮み)の研究, (受託研究)2018
[2]多重周波数法の最適周波数導出に関する研究, (受託研究) 2016-2017
[3]花苗の室内利用と廃来素材(繊維、木材)の再資源化, (受託研究), 2014-2016

メッセージ

学生の皆さんへ:
みんな不安を抱えながらも前向きに生きています.
才能は,寝ているか起きているかで判断されます.有る,無しの問題ではありません.
本校であなたの才能を目覚めさせてください!!.

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る