大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 飯田 隆一

教員紹介

飯田 隆一Ryuichi Iida

特任助教

【特任助教】基盤ものづくり系/木工・塗装・デザインユニット

学位
博士(学術)東京学芸大学,2017
修士(学術)東京学芸大学,2013
学歴
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士課程修了,2017
東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了,2013
茨城大学教育学部学校教育教員養成課程卒業,2011
メールアドレス
r-iida●uitec.ac.jp
専門分野
木材加工学
ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する木材加工に関する研究のうち、特に木材の表面処理加工に関する研究を担当

私の教育方針

職業訓練指導員として、広い知識を有し、他の指導員と協働しながら職業訓練を実践できる人材の育成

主な研究実績等
1)主要論文
1.学術論文等
学術論文等
1)技術科教育における木材の表面処理技術の研究成果を取り入れた指導内容の検討,科学教育研究(飯田隆一,大谷忠,41(4),464-473),2018/01
2)国内のファブラボにおけるデジタルものづくり初心者に対する支援の現状,科学教育研究(本多素子,飯田隆一,大谷忠,谷田貝麻美子,41(3),373-382),2017/10
3)Transcription properties of asperities in wood surfaces under high-speed friction,Transactions of the Materials Research Society of Japan(Ryuichi IIDA,Tadashi OHTANI, Takahisa NAKAI, Koji ADACHI,41(4),367-373),2016/12
4)高速摩擦下の熱的及び機械的作用における木材樹種の影響,木材工業(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司,71(10),394-399),2016/10
5)Smoothness of a spruce surface rubbed with a metal tool under high-speed friction,Journal of Wood Science(Tadashi OHTANI,Ryuichi IIDA,Takahisa NAKAI,Koji ADACHI,Kentaro ABE,Keisuke TOBA,62(4),377-380),2016/5
6)L-shaped Machining of Anisotropic Woods with a Fine Wire Cutting Tool,Key Engineering Materials(Satoshi Sakamoto,Yasuo Kondo,Kenji Yamaguchi,Keitoku Hayashi,Ryuichi Iida,Mitsugu Yamaguch,Vol.656-657,314-319),2015/7
7)科学技術イノベーションの人材育成の視点から見た技術科教育で育成される資質・能力の分析,科学教育研究(飯田隆一,大谷忠,39(2),104-113),2015/6
8)Changes in wood temperature under high –speed friction,Journal of Wood Science(Ryuichi IIDA,Tadashi OHTANI, Takahisa NAKAI, Koji ADACHI,60(5),313-320)2014/7

総説・解説
1)摩擦現象を利用した木材の加工,木材工業(飯田隆一,72(10),378-383),2017/10
2.本校論文
3.学会発表・講演等
1)凹凸形状変化による前処理が接着性能に及ぼす影響の検討,第68回日本木材学会大会(飯田隆一,足立幸司,山内秀文),2018
2)高速摩擦処理による表面処理過程における凹凸形状の評価,第68回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠),2018
3)表面前処理による木材の接着特性の検討,第27回日本MRS年次大会(飯田隆一,足立幸司,山内秀文),2017
4)Properties of the wood surface processing technology by high-speed friction,23rd International wood machining seminar(Ryuichi IIDA,Tadashi OHTANI, Takahisa NAKAI, Koji ADACHI),2017
5)高速摩擦処理を用いた凹凸転写による種々の木材表面の平滑化効果,日本木材加工技術協会第35回年次大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司,山内秀文),2017
6)撥水性付与を目的とした高速摩擦による木材表面の凹凸制御加工,第67回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2017
7)中学校技術科「生物育成に関する技術」における木材の生産に関する内容の取扱いと教材,第67回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠,米内山結香,東原貴志),2017
8)高速摩擦による木材表面処理における高機能化の試み,職業大フォーラム2016(飯田隆一,大谷忠),2016
9)高速摩擦による木材表面処理技術における機能性の付与,第25回日本MRS年次大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2016
10)高速摩擦による凹凸転写技術を用いた木材表面への微細凹凸形状の付与,第66回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2016
11)Temperature changes and surface condition in wood surface processing technology by using the high speed friction,22nd International Wood Machining Seminar(Ryuichi IIDA,Tadashi OHTANI),2015
12)Mechanical analysis of shear zone in chip formation process of wood cutting,22nd International Wood Machining Seminar(Tadashi OHTANI, Ryuichi IIDA),2015
13)科学技術政策の人材育成の視点から見た技術教育の検討4 -技術科で育成するイノベーション創出に関わる問題解決能力について-,日本産業技術教育学会第58回全国大会(飯田隆一,大谷忠),2015
14)高速摩擦による形状転写を用いた木材表面の凹凸制御技術,日本木材加工技術協会第33回年次大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2015
15)高速摩擦による木材表面への凹凸形状の転写性,第65回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2015
16)高速摩擦における形状転写による木材表層の平滑化処理の効果,第24回日本MRS年次大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2014
17)科学技術政策の人材育成の視点から見た技術教育の検討3 -イノベーションの創出に必要な資質・能力と技術科で育成する能力との関係-,日本産業技術教育学会 第57回全国大会(飯田隆一,大谷忠),2014
18)高速摩擦条件を利用した木材表面の超平滑化処理,第64回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠,中井毅尚,足立幸司),2014
19)科学技術政策の人材育成の視点から見た技術教育の検討2-科学技術イノベーションに求められる資質・能力の把握-,日本産業技術教育学会第56回全国大会(飯田隆一,大谷忠),2013
20)Evaluation of thermal influence on tool and wood affected by high speed friction,21st International Wood Machining Seminar(Ryuichi IIDA,Tadashi OHTANI),2013
21)高速摩擦条件下における工具と木材の温度変化,第63回日本木材学会大会(飯田隆一,大谷忠),2013
2)著書

3)受賞

1)日本木材加工技術協会 第17回市川賞,2018
2)日本木材学会 第 68 回日本木材学会大会 優秀ポスター賞,2018
3)東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科  学生表彰,2017
4)日本木材加工技術協会 第33回年次大会優秀ポスター賞,2015
5)日本産業技術教育学会 平成26年度日本産業技術教育学会学会賞(優秀研究発表賞),2015
6)日本MRS 第24回日本MRS年次大会奨励賞,2014
7)日本木材学会 第64回日本木材学会大会(松山)ポスター賞,2014

4)特許(知的財産権)

5)開発教材

6)資格

活動
1)学会活動

日本木材学会会員 2011-
日本材料学会会員 2012-
日本産業技術教育学会会員 2012-
日本MRS会員 2013-
日本木材加工技術協会会員 2014- 
日本科学教育学会会員 2015-

2)職業能力開発

現在の研究・技術開発テーマ等

新規加工技術による木材表面の高機能化に関する研究

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る