大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 寺田 憲司

教員紹介

寺田 憲司Kenji Terada

【特任准教授】基盤ものづくり系/情報通信ユニット

学位 修士(工学)(大学評価・学位授与機構),2002
学歴 職業能力開発総合大学校研究課程電気・情報専攻修了,2002
職業能力開発総合大学校長期課程情報工学科卒業,2000
メールアドレス k-terada●uitec.ac.jp
専門分野 情報通信 IoT
ユニット研究と教員研究の関連性
本ユニットで推進する情報通信分野の研究のうち、特にソフトウェア開発技術を担当
私の教育方針
約20年の職業訓練指導員の経験を活かし、指導員に必要とされる技能・技術の習得を支援いたします。
主な研究実績等
1)主要論文
  1. 学術論文等
     Proposed Small Observation Rover with Six In-wheel Motors for Precision Agriculture, International Journal of Informatics Society (IJIS) (Kenji Terada,Masaki Endo,Takuo Kikuchi, Shigeyoshi Ohno), 2022/06

  2. 本校論文
    第4次産業革命の要素技術を利用したクローラ併用型6脚ロボット「オメガ」の制作,職業能力開発報文誌(寺田 憲司,pp31-36),2022
    IoT/AR製品開発における職業訓練の実践・評価,技能と技術(寺田 憲司),2018年

     応用課題を活用した離職者訓練とその評価,職業能力開発研究誌(星野 実, 村上 智広, 松本 和重, 藤田 紀勝, 中村 瑞穂, 寺田 憲司, 大島 敦史)2014 年 30 巻 1 号 p. 57-66
     
  3. 学会発表・講演等
    Proposal of a small robot for agricultural observation, International Workshop on Informatics (IWIN2021) (Kenji Terada, Masaki Endo, Takuo Kikuchi, Shigeyoshi Ohno), 2021/09
     
    インホイールモータを搭載した六輪小型観測ロボットの農場現場における利用可能性,第79回農業食料工学会年次大会(寺田 憲司,木下研吾),2021/09
     
    不整地対応フレームを適用した果樹園観測のための小型6輪農業用ローバーの研究,第80回農業食料工学会年次大会(寺田 憲司,藤波 香織,木下 研吾),2022/09
2)著書
3)受賞
平成29年度職業能力開発論文コンクール
IoT/AR製品開発における職業訓練の実践・評価」厚生労働大臣賞
4)特許(知的財産権)
5)開発教材
6)資格
1級技能士(電気機器組み立て)
国家資格キャリアコンサルタント 2016-
活動
1)学会活動
2)職業能力開発
技能五輪全国大会情報ネットワーク施工職種競技補佐員,2021-
浜松地域イノベーション推進機構 ロボット関連講習会担当講師 2020-
現在の研究・技術開発テーマ等
 スマート農業、精密農業