大学校案内

トップ > 大学校案内 > 教員紹介 > 大村 光徳

教員紹介

大村 光徳Omura Kotoku

准教授

【准教授】基盤ものづくり系/情報ネットワークユニット

学位 博士(情報科学)北海道大学,2017
学歴 北海道大学大学院情報科学研究科博士課程修了,2017
職業訓練大学校塗装科卒業,1990
メールアドレス Omura.Kotoku●jeed.or.jp
専門分野 通信ネットワーク工学
ユニット研究と教員研究の関連性
ビデオ伝送における誤り耐性強化の研究
私の教育方針
主な研究実績等
1)主要論文
  1. 学術論文等
    [1]"Overlap FDEを用いたシングルキャリア伝送の性能評価,職業能力開発研究誌,第33巻(宮崎真一郎,山嵜彰一郎,松嶋智子,大村光德)
    [2]"Performance improvement of error-resilient 3D DWT video transmission using invertible codes",Special Section on Information Theory and it's Applications,Vol.E99-A, No.12, PP.2256-2265
    [3]"A Visible-Light Communication System Using Optical CDMA with RGB Multi-Chip LEDs", Proc. 15th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT),pp.101-104, Nara, Oct. 2015.Shinichiro Miyazaki, Tomoko K. Matsushima, Shoichiro Yamasaki, Kohtoku Omura(IEEE catalog number: CFP15830-USB, ISBN: 978-1-4673-6819-3)
    [4]"Performance of Error Resilient Method Using Invertible Codes for 3D DWT Video Transmission",The 29th International Technical Conference on Circuit/Systems Computers and Communications (ITC-CSCC), PID 1122, pp.213--216, Phuket, Thailand, July 1-4, 2014,Kotoku Omura,Shoichiro Yamasaki,Tomoko K. Matsushima,Hirokazu Tanaka and Miki Haseyama
    [5]"Error Resilient 3D DWT Video Transmission Using Invertible Codes",2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2013),WA1-B-5, pp.180--185,Nov.12-15,2013,Naha,Kotoku Omura, Shoichiro Yamasaki, Tomoko K. Matsushima, Hirokazu Tanaka and Miki Haseyama
  2. 本校論文
  3. 学会発表・講演等
    [1]誤り訂正符号を用いたシングルキャリア伝送の性能評価,職業能力開発研究誌(宮崎真一郎,山嵜彰一郎,松嶋智子,大村光德)
    [2]視覚復号型秘密分散の信号処理に関する研究,電子情報通信学会 2016年ソサイエティ大会,,北海道大学,A-2-3,2016年9月20日~23日(山嵜彰一郎,松嶋智子,大村光德,宮崎真一郎,田中宏和)
    [3]視覚復号型秘密分散における符号化と復号方式,職業大フォーラム 第24回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.166--167,2016年11月11日~11月12日(山嵜彰一郎,松嶋智子,大村光德,宮崎真一郎)
    [4]Androidによる無線LAN解析ツールの開発,職業大フォーラム 第24回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.180--181,2016年11月11日~11月12日(木村祐基,永井昂希,永野華菜,大村光德,宮崎真一郎,松嶋智子,山嵜彰一郎)
    [5]視覚復号型秘密分散画像の非線形処理を用いた劣化修復,職業大フォーラム 第23回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.138--139,2015年10月30日~10月31日(山嵜彰一郎,松嶋智子,宮崎真一郎,大村光德)
    [6]ネットワークエミュレータを用いたプロトコル解析実習教材の開発,職業大フォーラム 第23回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.126--127,2015年10月30日~10月31日(大村光德,宮崎真一郎,松嶋智子,山嵜彰一郎)
    [7]ディジタル無線通信における視覚的教材の開発,職業大フォーラム 第23回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.128--129,2015年10月30日~10月31日,(宮崎真一郎,大村光德,松嶋智子,山嵜彰一郎)
    [8]光拡散符号を用いた可視光CDMA通信について,2016年,電子情報通信学会総合大会,SA-3-3,九州大学,2016年3月15日~18日,基礎・境界講演論文集,pp.S-39--S-40(松嶋智子,宮崎真一郎,大村光德,山嵜彰一郎)
    [9]無線映像通信におけるセキュリティ強化のための符号化方式,職業大フォーラム 第22回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.132--133,2014年10月16日~10月18日(山嵜彰一郎,松嶋智子,宮崎真一郎,大村光德)
    [10]ビデオ伝送における誤り補償符号化方式の検討,職業大フォーラム 第22回職業能力開発研究発表講演会 講演論文集,pp.134--135,2014年10月16日~10月18日(大村光德,山嵜彰一郎,松嶋智子)
    [11]反転MPSC系列を用いた照明光CDMA通信システムの評価,電子情報通信学会技術研究報告,SIS2013-3,pp.11--16, 2013年6月13日~6月14日(松嶋智子,角山正樹,大村光德,山嵜彰一郎,村田悠也,寺町康昌)
    [12]時空間符号化伝送の誤り制御方式の検討,電子情報通信学会技術研究報告,SIS2013-2,pp.7--10,2013年6月13日~6月14日(山嵜彰一郎,大村光德,松嶋智子,田中宏和)
    [13]インバーティブル誤り訂正符号を利用した3D DWTビデオ伝送の誤り耐性強化,電子情報通信学会技術研究報告,IT2013-21,pp.49--53,2013年7月25日~7月26日(大村光德,山嵜彰一郎,松嶋智子,田中宏和.長谷山美紀)
    3D DWTビデオ伝送のビット誤り耐性の強化,電子情報通信学会技術研究報告,SIS2013-14,pp.1--6,2013年9月12日~9月13日(大村光德,山嵜彰一郎,松嶋智子,田中宏和,長谷山美紀)
    [14]ビデオ伝送における誤り耐性強化の研究,職業大フォーラム職業能力開発研究発表講演会,pp.152--153,2013年11月29日~11月30日(大村光德,山嵜彰一郎,松嶋智子,田中宏和,長谷山美紀)
2)著書
3)受賞
4)特許(知的財産権)
5)開発教材
6)資格
活動
1)学会活動
実践教育訓練協会会員
電子情報通信学会, 2013-
映像情報メディア学会,2015-
2)職業能力開発